保険適用外のインプラントとは

インプラントには健康保険が適用されません。そのため、費用が高いというイメージが強いです。実際、1本あたり30~40万円くらいが平均です。歯を失ったときにの治療方法として、ブリッジ、入れ歯、部分入れ歯、そしてインプラントがあります。ブリッジも、入れ歯も使用材料によっては保険適用外となり、高額になることがあります。ブリッジ、入れ歯が噛む力が弱くなったり、不衛生になったりする欠点があることを考えると、手術によって埋め込むので違和感なく噛むことができますし、見た目も自然な歯に近いものになります。確定申告の際、医療費控除の対象となります。1年間に10万円以上の医療費が対象ですから、総所得に応じて所得税が減額される場合もあります。

保険が効かない自由診療

人気のインプラント治療は、入れ歯やブリッジとは違う、保険適用外の自由診療になるので、高額な治療費は必要となってしまいます。ただその分、メリットはたくさんあり、健康な歯を削る必要もなく、発音がおかしくなることもなく、硬いものでも噛みきることが可能です。まさに第二の永久歯とも言われているように、失ってしまった自分の歯を取り戻すことが可能です。ただこのインプラント治療は、かなり高度な外科手術も伴うので、設備環境が整った病院で、スキルの高い医師に行ってもらうということが重要です。実績の豊富なクリニックを探しましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 保険適用のインプラントとは All rights reserved