インプラントは保険適用されるか

インプラントの一般の歯科治療としての保険適用は、将来的にも難しい面があります。現在でも、一部の治療については認められてはいますが、病気やけがで連続して3分の1以上の歯槽骨欠損が条件となっていますので、ハードルが高すぎて、ほとんど利用されていません。単なる歯科治療とは異なります。将来的にも難しい理由として、入れ歯や差し歯、ブリッジなどの治療には保険が適用されており、それ以上の高額のインプラント治療については必然性がなく、審美的要素が強く、国にその高額な医療費を負担する財源がない、ということが上げられます。

インプラントに保険は使えるのか

失ってしまった歯を人工で作って植えることによって、元からの歯のように自在に使えるようになるインプラント治療ですが、現在のところほとんどのケースで保険適用外の自由診療となっています。虫歯、歯周病、その他外傷などによって歯を失った場合や、歯周病や加齢によって顎の骨が痩せた場合などであっても、自由診療となります。但し法律が改正され、広範囲にわたって事故や病気を原因として歯を失ってしまったケースで国が定めた条件を満たした場合のみ、インプラント治療にも保険適用となりますが、それは非常に限定的なので、基本的に適用外と考えましょう。

インプラントの保険の情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 保険適用のインプラントとは All rights reserved