歯の欠損治療にインプラント

インプラントは、近年歯の欠損治療として、ブリッジ、入れ歯に続く第3の治療法として注目を集めてきました。歯の無くなってしまったところの顎に、体に馴染みやすい人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着する方法です。天然歯と同じようにものを噛みたい人にはおすすめの治療法です。もちろんメリットだけでなくデメリットもあるので、歯科クリニックの先生と相談しながらインプラント治療を受けるか決めるといいでしょう。

審美性を高めるオールオン4

いわゆるインプラント施術の中でも、オールオン4は審美性と即効性に優れています。歯のほとんどをなくしている人の場合、インプラントを行うとしたら、膨大な数を埋め込まなければなりませんでした。しかしオールオン4ならば、4本という少ない本数で上や下の歯を支えることが可能となりました。しかも、施術開始日に仮歯を入れられますので、見た目にも美しい歯がすぐに手に入ります。また、骨が薄い人であっても、新たに移植したりする必要がないのもメリットです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 保険適用のインプラントとは All rights reserved