保険でインプラント治療

自由診療で高額な治療費となるインプラント治療ですが、ある条件を満たせば保険が適用されます。生まれつきや事故・病気などである一定、顎の骨が失われている場合や顎の骨を移植したケース、生まれつきの病気で顎の形成不全が疑われる場合です。このような顎の状態の他にも、歯科あるいは歯科口腔外科を診療科目に設けている、ベッド数20以上を完備している病院などをクリアしている施設に限られます。このような条件をクリアしている場合、インプラント治療を健康保険で受けられるようになるようです。まずは適用されるかどうか、歯科医師に相談してみる事から始めてみましょう。

インプラント治療は保険適用外

歯周病や虫歯などで歯を失った人にとって心強い味方のインプラント治療ですが、現在のところ基本的には自由診療となることを頭に入れておかなくてはいけません。保険適用の医療行為というのは、どんな人にでも平等に同じ費用で、悪くなってしまった歯を再び使用できるように治療することになります。インプラント治療は、それに加えて見た目の良さや使用感の良さを追求する診療となるため、事故などで非常に広い範囲にわたって歯を失ってしまったケースなどで、国の定めた基準に当てはまる人のみが自由診療とならず、そうでない一般治療者は自費診療となるのです。

インプラントの保険の情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 保険適用のインプラントとは All rights reserved